自律神経の乱れ

自律神経の乱れ

2018-10-05

私たちには意識しなくても、呼吸をしたり、体が熱いと汗をかいて体温を下げようとしたりと様々な働きが備わっています。
その働きをコントロールしてくれているのが自律神経と呼ばれるものです。
自律神経は交感神経と副交感神経の2つがバランスを取りあって体中に分布し、細やかなコントロールをしています。

交感神経とは活動するときに優位になる神経で、副交感神経とはリラックスしている時に優位になる神経です。
日中は仕事など活動をするために交感神経が優位で、リラックスしたり眠るために夜には副交感神経が優位であることが良いバランスとされています。

ところがストレス・睡眠不足など生活習慣の乱れから、交感神経と副交感神経の良いバランスが保てなくなると以下のような不快な症状があらわれます。

慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、食欲不振、頭重感、立ちくらみ、吐き気、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感、イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりなど

西洋医学では、原因がはっきりせず自律神経失調症とよばれ、不快な症状ひとつひとつに対してお薬を処方していきます。
東洋医学では、原因は気が足りない状態(気虚)や気が滞っている(気滞)状態とされ、不快な症状を改善するために気血のめぐりを良くする=五臓六腑を整えます。

では「気血のめぐりを良くする=五臓六腑を整える」とは、鍼灸ではどんなことをするのでしょうか?

カラダには「体性-内臓反射」という皮膚からの刺激により臓器の機能を活性化させることができる機能が備わっています。そこで脈診・腹診・背候診などでカラダの状態を診て、手足に鍼やお灸をすることで臓器の機能を活性化させることができます。
それが「気血のめぐりを良くする=五臓六腑を整える」ということです。

他にもカラダには自律神経に深く関わりのある筋肉がり、その筋肉を緩めてあげることで自律神経の乱れを整えることができたりもします。
鍼灸は本来のカラダが持つさまざまな機能を活性化させることを得意としています。

当院での診察(脈診・腹診・背候診)についてはこちら


ホームページ限定特典!あなた様へのプレゼント!

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ限定特典
初回初診料無料(1,000円)
※初回の方限定

電話・メールでのお問合せ・ご予約

出張専門のため常駐しておりませんので、事前のご予約をお願いいたします。

施術中等で電話に出られない場合がございます。その際は080-9547-4872 より折り返しお電話をいたします。
LINEでのご予約は24時間受付けておりますので、お友達登録をしていただきますといつでもご予約いただけます。



「西野鍼灸院(なぎの木院)」へのお電話はこちら

住所 兵庫県尼崎市<出張専門>阪急塚口駅・茨木市駅 ※場所の詳細はご予約時にご説明いたします。
電話番号 080-9547-4872
受付時間 平日18:30~21:00 土曜9:00~16:00
電話受付 9:00~21:00
定休日 水曜・日曜・祝日
最寄駅 阪急塚口駅(徒歩5分)・阪急茨木市駅(徒歩11分)
駐車場 専用駐車場がございます(茨木市)

コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME